多汗症に関すること

多汗症に関する情報を記載します。

多汗症に関すること記事一覧

手掌多汗症の治療方法として脚光を浴びている胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS手術)。手術である以上、それなりの覚悟を決めて臨むことになります。ここではETS手術の合併症にスポットを当ててみましょう。手術に伴う合併症にはどんなものがある?ETS手術は、腋の下を一部切開して内視鏡と電気メスを挿入し、交感神経の一部を切除する方法です。挿入するのは肋骨の内側、肺の奥の部分になります。そのためETS手術では、...
一口に多汗症と言っても、その症状は様々です。中でも生活や仕事に対する支障が大きく、人目にも付きやすい厄介な症状が手のひらに汗をかく「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」ではないでしょうか。手掌多汗症の最新の治療法についてご紹介します。家庭でも試せる「イオントフォレーシス」常に手が湿っていて、触ると汗ばんでいることがわかる、軽度の手掌多汗症。軽度とはいえ常に汗をかいている状態なので、厄介なことに変...
多汗症の改善方法には多くの方法があり、理論に基づいたものや民間療法のようなもの、医療機関で行うもの等様々です。それらは人によっては非常に有効であったり、全く効果がない場合もありますので、自分に合った方法を選ぶことが大切になります。塩化アルミニウム多汗症に対して手軽に使うことができるのが、塩化アルミニウムを汗をかく場所に塗るという方法です。塩化アルミニウムは制汗作用があるので、塗った場所の発汗を押さ...
多汗症の治療と保険多汗症の治療にはさまざまな種類があり、健康保険が適用されるものとされないものがあります。美容目的によるものは保険が適用されない場合がほとんどのようです。治療法と費用塗り薬による治療病院で処方される塗り薬は、塩化アルミニウム製剤というもので、汗の出る部位に塗ります。ほとんどの部位に使えますが、人により炎症が起きたりする場合があります。軽度の多汗症に適しています。塗り薬は保険の適用外...
多汗症の手術多汗症は特に原因もなく、全身、または脇の下や手の平、足の裏などに局所的に汗をかく病気で、部位にもより治療方法はさまざまです。多汗症の手術も治療の選択肢のひとつです。しかし、手術といえば気になるのが合併症です。多汗症手術の合併症とはどんなものがあるのでしょうか。手術の合併症とは?一般に手術の合併症とは、手術が元になり起こりえる病気を指します。手術後に起こる病気といえば、医療ミスや医療事故...
多汗症と漢方多汗症の症状は個人差があり、原因もさまざまです。精神的なものから遺伝によるもの、食生活、ホルモンバランスの崩れからくるものなどがあり、汗をかく部位も、全身、手の平、足の裏、腋の下、頭、顔などがあります。治療には手術、注射、塗り薬などがありますが、多汗症を漢方で改善する方法もあります。漢方は、西洋医学と大きく違い、体全体を整えることにより、結果的に悪いところを治すという特徴があります。従...
多汗症の原因と食事多汗症の原因はさまざまで、自分でも何が原因なのかわかりにくいものですが、そのひとつとして食事があげられます。食生活を変えてみると、多汗症が改善される場合があるのです。多汗症を改善する食事と、多汗症を酷くする食事についてみていきましょう。多汗症を悪化させる食事多汗症を悪化させるので食べるのを控えた方がよい食事はこの4種類です。香辛料たっぷりの刺激のある料理カフェイン揚げ物脂肪たっぷ...
肩こり、不眠、むくみ、冷え、目の疲れなどに効くツボがあるといいますが、そもそもツボとは何でしょうか?東洋医学では、人間の体に多く存在するツボは、「気、血、津液」が滞る点で、そこをマッサージや鍼灸により刺激すると、気と血の循環が良くなり、体が正常な状態に戻るとされています。気はエネルギーで、血は血液、津液は体液を表わします。体が正常に戻れば、悪いところも治るというのが、治療の基本的な考えです。多汗症...
すっごい汗かきだけど、これは多汗症?多汗症と汗っかきの違いはなに?こんな疑問を持つ方はいらっしゃいませんか?多汗症の診断には、キチンとした基準があります。今回は、多汗症の診断基準についてお伝えします。多汗症の診断基準は?他の人より汗が出やすいから「多汗症」、というワケではありません。多汗症は医学的な診断基準があります。初発が25歳以下汗が多く出るという症状が見られたのが、25歳より若い時であれば多...
さほど暑くないのに、流れるような汗をかく。いつも手が湿っていて冷たい。こんな症状で悩んでいる方はいらっしゃいませんか?それは多汗症かもしれません。今回は、多汗症の種類についてお伝えします。多汗症とは多汗症とは、文字の通り汗がたくさん出る状態です。本来、汗が出るのは生理的で自然なことです。しかし、日常生活に支障が出るようなレベルになると「多汗症」といえるでしょう。多汗症で悩むのは若い人が多く、日本人...
日本では多汗症について、まだまだ認知度が低い状況にあります。その中でも、手術以外の治療法では効果が見込めない方は、45000人程度という調査結果が出ています。では、手術した場合には、どのくらい多汗症が改善するのでしょうか。今回は、術後に多汗はどのくらいなくなるのかについてお伝えします。胸腔鏡下交感神経切除術(ETS)「汗を出せ」という指令は、脳の大脳基底核と視床下部という部分が連携して出しています...
多汗症の方は、若いころから日常的に悩んでいる場合があります。家族に相談しても、理解してもらえないケースもあります。そんな時に手術で多汗症が治ると知ったら、すぐにでも飛びつきたくなるでしょう。でも、ちょっと待って。手術には、良い面と悪い面があります。今回は、多汗症の手術の失敗率や後遺症についてお伝えします。多汗症手術の失敗とは?どんな手術でも、失敗する確率はゼロにはなりません。では多汗症の手術の失敗...
自分が人からどう見られているか、気にならないという人はほとんどいないでしょう。外見上の問題であれば、比較的容易に判断することができます。自分の努力である程度修正することも可能でしょう。でも臭いはそう簡単ではありません。自分は臭いのではないか?と思ったとしても、それを周囲に確認することもできません。ここでは、自分の汗と臭いがどの程度の物なのかを知るチェックリストをご紹介します。あなたは何点になるでし...
夏になれば誰でも汗をかきます。汗は体温を調節するための必要不可欠な機能で、止まってしまえば重大な疾患を引き起こす可能性もあります。でも、必要がないのに汗をかく、ちょっとの刺激で大量の汗が流れると言った状態は、やはり正常とはいいがたいでしょう。汗にまつわる現象のうち、非常に厄介なのが「多汗症」と呼ばれる症状です。多汗症の定義とは?実は、多汗症を診断することは医師でも難しいとされています。なぜなら多汗...

このページの先頭へ戻る