遺伝や体質でなくてもワキガになるのか?

 

汗ばむ季節になると気になってくる体の臭い。
特にワキガの人には憂鬱な季節ではないでしょうか。
でも、どうしてワキガになるのでしょう。

 

ワキガの原因は?

ワキガは遺伝以外では起こりにくいといわれています。
「でも、うちの両親はワキガじゃないけど。」という場合は、祖父母のワキガが隔世遺伝したと考えられます。

 

脇には「アポクリン汗腺」という汗腺があり、ここから出る汗が分解される時に発生する臭いがワキガです。
そのため、アポクリン汗腺が生まれつき多い人はワキガになりやすくなります。

 

アポクリン汗腺の多さは、片親がワキガの場合で50%、両親がワキガの場合で80%遺伝するといわれています。
中には両親がワキガであって本人もたくさんのアポクリン汗腺を持っているのに臭わない人もいますので、
両親がワキガだからといって必要以上に心配することはありません。

 

ワキガチェック

ワキガ体質かどうか心配な方は、次の項目でチェックしてみましょう。
当てはまるときは2点、どちらともいえないときは1点、当てはまらないときは0点、合計点で判断します。

 

@家族にワキガの人がいる
A耳垢がしめっている
B毛深い
C脂性
D服のワキ部分が黄ばむ
E脱いだ靴、靴下が臭い
F肉や油っこい食べ物が好き
Gアルコール又はタバコを好む
Hストレスが多い
I手の平、足の裏に汗をかきやすい
J自分で臭いを感じる
K他人から臭いといわれたことがある

 

  • 合計18点以上の人はワキガ体質が非常に強く、ワキガ臭がある。
  • 14点以上の人は、時々人に気づかれることがある程度。
  • 8点以上の人は、あまり気にはならないがワキガ体質。

 

本当に遺伝や体質以外にワキガになることはないの?

遺伝や体質以外にワキガになることもごく稀にあります。
原因は、食生活とストレスといわれています。

 

アポクリン汗腺は、ワキガでない人にもあるものなのでワキガになる可能性は誰もが持っていますが、
こういった例は稀であり、ほとんどないといえます。

 

ワキガを抑える方法は?

では、ワキガを抑える方法はないのでしょうか?
人間の健康を支えているのは、いうまでもなく食生活です。
ワキガにおいても例外ではなく、ワキガを悪化させる食べ物、改善する食べ物があります。

 

ワキガを悪化させる食べ物

 

汗腺を活発化し症状を悪化させる、動物性脂質を多く含む食べ物

肉類、乳製品(牛乳・チーズ・バターなど)、卵など

汗腺を刺激し症状を悪化させる、刺激の強い食べ物

キムチ、スパイシーな食べ物

 

ワキガを抑える食べ物

 

皮膚の新陳代謝を促し抵抗力を高めることで、脇の雑菌の繁殖を防ぐ

ビタミンA(人参、ほうれん草、うなぎなど)

においの原因である過酸化脂質の分泌を防ぐ、抗酸化作用のある食べ物

ビタミンC(いちご、レモンなど)
ポリフェノール(バナナ、大豆、レンコンなど)
ベータカロチン(人参、モロヘイヤ、ほうれん草など)

 

ワキガの増加は食生活の欧米化が原因ともいわれています。
和食中心の食生活を心がけることも、ワキガの改善に役立ちます。

 

脇の臭いを気にしてばかりではストレスがたまり、またワキガが悪化してしまいます。
このような負のスパイラルを続けていては、いつまでたってもワキガの改善は望めません。

 

ワキガの改善を目指して食生活に気を付けながら、
時には市販の消臭剤などを活用し、ワキガと上手に付き合っていけるといいですね。

関連ページ

ワキガ手術で起こりやすい合併症とは?
ワキガ手術で起こりやすい合併症について説明したいと思います。
知っておきたいワキガとストレスの関連性
ワキの臭いの元となるのはアポクリン汗腺とよばれる器官から出てくる汗です。特にストレスの影響を受けやすいのがアポクリン汗腺です。
今すぐ確認!簡単ワキガのセルフチェック
ワキガのセルフチェックは、わかりやすい方法なので、簡単に確認できます。気になる悩みはスッキリ解消して、正しいケアを心がけましょう!
原因を知ってワキガの臭い対策!
ワキガ体質の人は、汗をたくさんかく季節でなくても、ワキガを抑えるための対策は必要ですね。そこで、ワキガの臭いをなるべく抑えるための方法をご紹介します。
え?!まだ知らなかったの?ワキガとストレスの深〜い関連性
適度なストレスは人のからだによい緊張感を与えてくれます。しかし多大なストレスの中にさらされ続けることで、ワキガになってしまうことがよくあります。 なぜでしょうか?

このページの先頭へ戻る