ワキガの臭い対策は万全?

 

夏は汗をたくさんかくため、ワキガ体質の人でなくても汗臭さを感じてしまうものです。
ただ、ワキガ体質の人は、汗をたくさんかく季節でなくても、ワキガを抑えるための対策は必要ですね。
そこで、ワキガの臭いをなるべく抑えるための方法を紹介します。

 

ワキガの臭いは菌のしわざ!

ワキガはアポクリン腺から出る汗が原因で、その汗を菌が分解する時に、ワキガの特徴的な臭いが発生します。
菌が発生するのを抑えることができれば、ワキガの臭いは防げると言うことですね。

 

ただ、菌にもいろいろな種類があり、良い働きをする菌と悪い働きをする菌があります。
健康な皮膚の場合は、良い働きする菌が多く存在し、皮脂や汗を分解して肌を弱酸性に保ってくれます。
悪い働きをする菌が多くなってしまうと、皮脂や汗を分解する時に悪臭を発生させるのです。

 

ワキガの臭いには〈コリネバクテリウム〉と言う菌が関係しているので、増やさないように注意が必要です。
悪い働きをする菌はアルカリ性を好むので、肌を弱酸性に保ち、良い働きをする菌を増やすことが大事ですね。

 

悪い菌を増やさないために

脇毛を処理する

ワキガの臭い対策には、脇毛の処理がとても大切です。
脇毛があることで、汗をかきやすくなり、蒸れて菌もどんどん繁殖してしまいます。

 

菌は湿った環境を好むので、脇毛がなくなれば通気性も良くなり、菌の繁殖を防ぐことができるのです。
ただ、脇毛を剃る時に、肌にダメージを与えてしまうと皮膚の環境が悪くなるので注意してください。
男性や肌のダメージが気になる人は、脇毛を短くカットするのも方法の一つなのでおススメです。

 

脇の下を清潔に保つ

菌を繁殖させないためには、汗をかいたら放置しないことです。
ここで気をつけたいのは、汗の拭き方と拭く時に使うものです。
乾いたタオルでゴシゴシ拭くのは、肌を傷めたり、汗がきちんと拭き取れず、菌を広げてしまう場合があります。

 

おススメは、殺菌効果がある携帯用のウェットシートで優しく汗を拭き取ることです。
銀イオン配合のタイプは、殺菌消臭の効果もあるので、臭い対策には特に効果的ですね。

 

脇の下の洗い方にも注意

悪い菌を減らし、良い働きをする常在菌を増やすためには、お風呂での洗い方もポイントになります。
清潔にしようとゴシゴシ洗いすぎて肌を乾燥させてしまっては、余分な皮脂が発生し、逆効果になってしまいます。

 

大事なのは、皮脂と汚れをきちんと落とし、肌をアルカリ性にしないようにしっかりとすすぐことです。
洗浄液や石鹸を良く泡立て、優しく泡で包み込むように洗い、洗浄成分が残らないようしっかりと流してくださいね。

 

生活習慣も見直してみよう!

ワキガ体質の原因であるアポクリン腺の数が変化するわけではありませんが、
食の欧米化により、ワキガ体質が活発になってしまうと言われています。

 

食べ物

食事の内容によって、脂質や動物性たんぱく質がアポクリン腺を活発化させてしまうのです。
他にも、アルコールが汗腺を活発化させるので、汗の発生や臭いの軽減には、食事を見直すことも大事ですね。

 

アポクリン腺から出る汗の質を変えることも、臭いを抑えるために必要ですね。
汗をかく機会が減り、排出されずに汗がたまってしまうと、成分が強く濃くなって粘度が上がってしまいます。

 

運動など

運動やエクササイズをしたり、入浴などであえて汗をかく習慣をつけると良いでしょう。
汗を流すことで、悪臭につながる成分をためずに排出できるので、汗の質を変えることができます。

 

外出先では、汗や臭いの対策がなかなか難しい場合もあるので、
抗菌防臭や吸水速乾、消臭加工が施された衣類などを身につけて対策をしてみてください。

 

臭い対策はいかがでしたか?
ワキガをきちんと知ることで、正しいケアができますね。
あなたも今日からケアを始めて、気になる臭いを撃退しましょう!

関連ページ

ワキガ手術で起こりやすい合併症とは?
ワキガ手術で起こりやすい合併症について説明したいと思います。
知っておきたいワキガとストレスの関連性
ワキの臭いの元となるのはアポクリン汗腺とよばれる器官から出てくる汗です。特にストレスの影響を受けやすいのがアポクリン汗腺です。
今すぐ確認!簡単ワキガのセルフチェック
ワキガのセルフチェックは、わかりやすい方法なので、簡単に確認できます。気になる悩みはスッキリ解消して、正しいケアを心がけましょう!
遺伝や体質でなくてもワキガになるのか?
本当に遺伝や体質以外にワキガになることはないの?遺伝や体質以外にワキガになることもごく稀にあります。原因は、食生活とストレスといわれています。
え?!まだ知らなかったの?ワキガとストレスの深〜い関連性
適度なストレスは人のからだによい緊張感を与えてくれます。しかし多大なストレスの中にさらされ続けることで、ワキガになってしまうことがよくあります。 なぜでしょうか?

このページの先頭へ戻る