ワキガとストレスの深〜い関連性

汗腺には2種類ある

人のからだには汗を出す汗腺が2つあります。
アポクリン腺とエクリン腺です。

 

アポクリン腺

緊張すると汗をかくといった経験がありますよね。
手に汗を握ったり、脂汗が出たりする。
このような汗はアポクリン腺から発生し、精神性発汗と呼ばれています。

 

アポクリン腺はわきの下、陰部や耳の中、乳輪等の特定の部位に存在しています。
アポクリン腺から分泌される汗の成分は、主にたんぱく質、脂質、糖質、
アンモニアなどで、粘り気があり臭いの元になる成分を含んでいます。

 

エクリン腺

また、暑い日やスポーツをした際にもよく汗をかきますよね。
このような汗はエクリン腺から発生し、温熱性発汗と呼ばれています。

 

エクリン腺はおおよそ全身に存在しており、その役割はからだの体温調節です。
エクリン腺からでる汗の成分はその99パーセントが水分ですから、さらっとしていて臭いはありません。

 

ワキガとストレスの深い関連性

適度なストレスは人のからだによい緊張感を与えてくれます。
しかしストレスが増大すると、それは色々なところに不具合をもたらすというのは周知の事実です。
また、ストレスはがんやアルツハイマーといった大きな病気になるリスクさえもっています。

 

ワキガも同様です。
多大なストレスの中にさらされ続けることで、ワキガになってしまうことがよくあります。
なぜでしょうか?

 

まず、多大なストレス状態が続くことによって、アドレナリンや男性ホルモンが発生して汗をかきやすくなります。
この汗は先ほど説明したアポクリン腺から発生する精神性発汗ですから、皮脂を多く含みべたべたです。
臭いもあります。

 

しかし、ストレスによってアポクリン腺の数が増えるわけではありません。
ストレスが、元からあるアポクリン腺を刺激して汗腺を徐々に大きくするなど、その働きを活性化させてしまうのです。

 

まだある!ワキガになる原因

ワキガは遺伝的な要素が強いといわれています。
そこに不規則な生活習慣やストレスといった要素が加わり、ワキガの原因になることが多いのです。
ではひとつずつ見ていきましょう。

 

食生活

まずは食生活。脂肪分の多い食事に偏っている場合です。
肉やバター、チーズや牛乳といった動物性タンパク質を摂りすぎるとアポクリン腺が刺激されます。

 

肥満

そして肥満気味であることもワキガの原因になります。
痩せている人に比べて肥満気味の人は汗をかきやすいです。
それは、からだの熱を放出しづらい状況になっているため、汗を出して体温を下げようという作用が働くからです。

 

ワキ毛

また、ワキの下の処理をしないこともワキガの原因になり得ます。
ワキにかいた汗が蒸発しづらくなり、菌が増殖して臭いが発生してしまうのです。

 

ストレスによるワキガを改善しよう

ストレス解消と言われても、ストレスは目に見えませんから対処が難しいところです。
精神的な部分によるところが大きいので、とてもデリケートな問題でもあります。
自分でも気が付かないうちにストレスをためていたということもあります。

 

まずは好きなことをする時間を増やしてみましょう。
何が好きなのかわからない場合は、楽しかった思い出の中からヒントを得るのはどうでしょうか。

 

深い関連性のあるストレスとワキガ。
日々の生活リズムや心を整えることを意識して、少しずつ改善していきましょう。

関連ページ

ワキガ手術で起こりやすい合併症とは?
ワキガ手術で起こりやすい合併症について説明したいと思います。
知っておきたいワキガとストレスの関連性
ワキの臭いの元となるのはアポクリン汗腺とよばれる器官から出てくる汗です。特にストレスの影響を受けやすいのがアポクリン汗腺です。
今すぐ確認!簡単ワキガのセルフチェック
ワキガのセルフチェックは、わかりやすい方法なので、簡単に確認できます。気になる悩みはスッキリ解消して、正しいケアを心がけましょう!
遺伝や体質でなくてもワキガになるのか?
本当に遺伝や体質以外にワキガになることはないの?遺伝や体質以外にワキガになることもごく稀にあります。原因は、食生活とストレスといわれています。
原因を知ってワキガの臭い対策!
ワキガ体質の人は、汗をたくさんかく季節でなくても、ワキガを抑えるための対策は必要ですね。そこで、ワキガの臭いをなるべく抑えるための方法をご紹介します。

このページの先頭へ戻る